· 

Christmas in the Philippines

Hi everyone!

皆さん、こんにちは!

It’s Christmastime again!

ついにクリスマスですね☆

 

Christmas is celebrated in many different ways around the world.

Decorations with Santa Claus theme and Christmas trees are definitely common, but since I haven’t spent Christmas back home in the Philippines for the past 3 years, I decided to talk today about how Christmas is celebrated in the Philippines.

Christmas celebrations in the Philippines are very unique!

 

クリスマスは世界中で色々な形でお祝いされます。

サンタクロースをテーマにした飾りつけやクリスマスツリーはよく見かけますが、私はこの3年間フィリピンに帰ってクリスマスを過ごせていないので、今日はフィリピンでのクリスマスの祝い方についてお話しようと思います。

フィリピンのクリスマスはとってもユニークですよ!

From December 16 until December 24, we have what is called ‘Simbang Gabi’.

This is a type of special mass only done during this time.

We attend mass either very early in the morning (around 4:30am) or late in the evening (around 10:30pm) for 9 days.

We believe that if we go for all 9 days, our Christmas wish will come true. After going to mass, it is common to buy special food called ‘bibingka’ and ‘puto bumbong’.

 

12月16日から12月24日まで『シンバンガビ』というミサがあります。

この時期にしか行っていない特別なミサで9日間、朝4時半頃か夜10時半頃に礼拝に行きます。

9日間、全て通えたらクリスマスのお願いが叶うと信じています。

ミサの後に『ビビンカ』と『プト・ボンボン』という特別な食べ物を買うのが一般的です。

For decorations, we have a special Filipino decoration called a ‘Parol’.

This is a star-shaped lantern and is usually made of shell, washi paper, or cellophane. You can see these along with other typical Christmas decorations (like a Christmas tree or baby Jesus) from as early as September! Filipinos are that crazy about Christmas.

 

デコレーションは、「パロル」というフィリピンにしかないデコレーションがあります。

星の形をしたランタンで、貝や和紙、セロハンなどからできています。

パロルは9月からクリスマスツリーやイエスキリストなどの代表的なデコレーションと一緒に見ることができます!

フィリピン人はそのぐらいクリスマスが大好きです。

There are many things that make Christmas special in the Philippines, but these things (aside from seeing my friends and family) are the ones I miss the most.

Hopefully I can experience it again when this pandemic is over.

フィリピンのクリスマスはを特別なものにするものは沢山あるけど、この投稿で紹介していたこと(友達や家族に会うことは別として)が一番懐かしいものです。

このパンデミックが終わり、また経験できたら嬉しいです。